アミノ酸縮毛矯正とは??一般の縮毛矯正との違い

NEWS

アミノ酸縮毛矯正とは??一般の縮毛矯正との違い。

こんにちはROMAGINZA店の佐藤優太朗です。今回は最近大人気のアミノ酸の縮毛矯正についてご紹介したいとおもいます。従来の縮毛矯正との違いや、どういった人に向いてるか、効果や注意点なども含めて説明していきたいと思います。

アミノ酸縮毛矯正とは??

髪は年齢とともに細くなったり、ハリコシがなくなります。年齢とともに表面の浮きや、ハネ、うねりが強くなっていきます。

そこで縮毛矯正剤としてアルカリダメージと髪の補強にこだわった毛髪に優しい薬剤になります。

アミノ酸縮毛矯正と縮毛矯正の違い

従来の縮毛矯正

カラーを繰り返した毛髪や傷んでいるパサついてる髪はアルカリのダメージを受けてしまいます

縮毛矯正に入っているアルカリ剤のアンモニア、有機アミン、水酸化物でさらにアルカリのダメージを与えてしまいます、。

 

アミノ酸縮毛矯正

アミノ酸縮毛矯正はアルカリダメージがゼロ!

アミノ酸に含まれるアルカリ剤はアルギニンだけなのでアルカリのダメージがありません

アルギニンとはケラチンタンパク質に入ってる成分でもともと毛髪に存在する成分なので髪に対してのダメージはほぼゼロになります。

メリット

1従来の縮毛矯正より大幅にダメージを軽減。

2自然で手触りが良くなめらかな仕上がりに。

3パーマやカラーで傷んだ髪にもかけられる。

4普通に強いくせ毛もしっかりと伸ばせる。

5年齢とともに細くなった髪にハリコシを与えて髪の変化にも対応が出来る。

デメリット

1薬剤を浸透させる為に従来の縮毛矯正より少し時間がかかる。

2料金が従来の縮毛矯正より高めに設定されていることが多い。

3導入されている美容室が少ない。

こんな方におすすめ!

・年齢とともにうねりや広がりが気になってきた方。

・カラーやパーマでのダメージが気になる方

・細毛やねこっ毛の方。

・くせが強い方。

・ボリュームは欲しいけどくせ毛はしっかり伸ばしたい。

ブリーチ毛にもかけられる??

ブリーチ毛にもかけることは可能です。

しかし何回もブリーチされてる方や毛髪の体力が無くなっている方は髪が切れたり乾かしにくくなったりとする可能性があります。ブリーチをされている方は担当の美容師さんと念入りなカウンセリングで髪の状態とリスクを相談した上で行うようにしましょう。

アミノ酸縮毛矯正の持ちと頻度は??

アミノ酸縮毛矯正の持ちは半永久的です。一度かけたところが戻ることはありません。

ただ縮毛矯正かけた後の伸びるところはくせ毛なのでその癖がどんどん伸びてくることで前回かけたところにも影響が出てきたりします。その為くせの強さにもよりますが、36ヶ月に一回程度、定期的にかけられると真っ直ぐで綺麗な髪を保つことができます。なので基本的な持ちや頻度は従来の縮毛矯正とさほど差はありません。

 

アミノ酸縮毛矯正で失敗しない為に

髪に良くダメージが少ないからといってブリーチを重ねた毛髪やビビり毛とかなんでも治るわけではございません。一番重要なのその人ひ適した薬剤を使用しお客様のご希望通りに仕上げ悩みを無くすことが大事なので、担当の美容師さんとよく相談して施術してもらうのが一番です。縮毛矯正は美容技術で一番リスクが高くとても難しい技術なので念入りなカウンセリングと信頼出来る美容師さんにお願いするのが一番です。

未だに髪が切れてしまった、とかくせが伸びなかったなどの声も聞くので1人でも悲しい思いをする方が減ればいいなと思います。常に勉強を怠らず日々取り組んでお客様により良いサービスや技術を提供出来れば良いと思います。

ROMA  GINZA 佐藤優太朗