『ヘアケア方法』縮毛矯正をかけた後

NEWS 【ROMA式・髪質改善】と縮毛矯正専門店

 


縮毛矯正をかけた後どんな事に気をつけて過ごしたらいいのか、正しいヘアケア方法って何か分からないことが多いと思います。

今回は縮毛矯正をした後のおうちでのアフターケアもご紹介していきます!


縮毛矯正をかけた後の髪の毛は繊細です!

 

縮毛矯正をかけた部分は薬剤を入れるので乾燥しやすくなります。その乾燥がパサつきや、ひっかかりの原因になってしまいます。

その為、より綺麗な髪の毛を保つにはしっかり『お家でのアフターケア』が大事になってきます。

毎日の積み重ねが綺麗を作り上げていきますので頑張りましょう!

 

髪の毛を乾燥から守る為にヘアオイルを

乾燥してダメージを受けている髪の毛にはやはり『ヘアオイル』が1番です!

・髪の毛がパサつく乾燥する

まとまりがない

広がるごわつく

そんな悩みを解決してくれます!

でも今の時代たくさん種類がありすぎてどれを選んだらいいかわかんない方も多いと思います、、

そこでおすすめのオイルが、

CAREオイル』です!

『つけるタイミング』

  • 朝のスタイリングの時
  • 夜お風呂上がり乾かす前
  • 乾かし終わった後

このオイル、、髪の毛だけでなくボディクリーム、ハンドクリームとしてもお使い頂ける万能オイルになっています♪

保湿とハリ、弾力全部手に入ります!

オイルを使った後、ベタベタするのが嫌な方におすすめです。

『保湿成分』

  • ゴマ油
  • ハイブリッドサフラワー油
  • ホホバ種子油
  • ヒマワリ種子油
  • シア脂油

など、、

『香料』

クラシックブーケの香り

その他にも気をつけた方がいいこと!

24時間はシャンプーをしない

縮毛矯正後は酸化剤での再結合が不安定な状態です。

綺麗な状態で定着するのに丸1日かかります。

そこでシャンプーをしてしまうとせっかくかけたストレートも取れやすくなってしまいます。

ですのでスケジュールを決める時は逆算して予定を組むといいと思います!

例えば汗をかくジム、ウオーキングなどの運動や匂いが付きやすい食事などは控えて頂きたいです。

髪の毛は弱酸性ですが、縮毛矯正後の髪の毛はアルカリ性になっています。

その為髪の毛を弱酸性に戻す為にも弱酸性のシャンプーを使うようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーはしっとりしていて髪や頭皮に優しいシャンプーです。

 

シャンプー後はできるだけ早く乾かす

 

濡れている状態はキューティクルが開きとても繊細で傷みやすい状態です。

開いたキューティクルの隙間から水分が逃げ、髪の毛が乾燥してしまいます。

お風呂から出た後はしっかりタオルドライをしてドライヤーの時間をなるべく短くし、優しく乾かしましょう。

⚠️乾かしすぎは逆に乾燥してしまい髪の毛が傷む原因に繋がるので注意しましょう。毛先は乾くのが早いので根元をしっかり乾かしてから毛先を乾かすようにするといいです。

おすすめは最後冷風で上から並行に風を当ててあげるとキューティクルが整って艶がでます!

跡がつくようなことはしない

 

縮毛矯正後2~3日は耳にかけたり、しばったりしないようにしましょう。

しっかり定着する前にゴムでくくったり、ピンで留めたり、耳にかけたりしてしまうとそのクセの跡がついてしまいます。

なるべくまっすぐの状態で23日は過ごして下さい。

 

トリートメントはしっかりめに

縮毛矯正後は髪の毛が繊細な状態になっています。繊細な髪の毛にはトリートメントが1番効果的です。

トリートメントを毛先全体に馴染ませて、コームやクシを使ってしっかりとかしましょう。とかした後は少し時間を置いてから流すとよりトリートメントの効果がでてきます。

まとめ

いかがでしたか?

正しいケア方法を知って縮毛矯正後も艶々な髪の毛を維持していきましょう♪

 

ROMAginza topstylist 浅井 美紀

↓ご予約はこちらから‼︎

美容室予約ボタン


↓縮毛矯正をかけて次かけるタイミングがよくわからない方も多いと思います。

そんな頻度について詳しく紹介していますのでこちらの記事もご覧下さい!

縮毛矯正の頻度ってどれくらい?徹底解説!